ApolloでGUI

はじめに

これまでRubyでCUI*1の ツールばかり作ってきたのだが、そろそろGUIにも手を出してみようと思う。

Rubyで使えるGUIライブラリにもいろいろあり、Ruby GUIセンター にはたくさんのGUIライブラリが載っている。

自分が主に使うのはWindows環境なので、Delphiのいろんなコントロールが使えるというのにひかれてApolloを使ってみることにした。

Apolloとは

Borland社のDelphiという開発環境に、VCLと呼ばれるライブラリがある。VCLはボタンやラベルといったGUIのいろんな部品を提供している GUIライブラリと思えばいいのだろう。Apolloは、RubyからこのVCLで提供している機能を呼び出すことで、GUIを実現するRuby環境だ。

Apolloとは

ApolloプログラミングTips

Apolloを本格的に使い始めてまだ2,3ヶ月の私が書くのもなんですが、今までApolloを使ってプログラムを作るときのTipsを まとめていきます。

ApolloプログラミングTips

Apolloコントロールの使い方

Apolloで用意されているコントロールはForm,Label,Button,Editなどたくさんある。これらの使い方をまとめていきます。

Apolloコントロールの使い方

独自コントロールの作り方

複数のコントロールを組み合わせて、使いやすいコントロールを作る。

独自コントロールの作り方

コントロールのレイアウト

コントロールのレイアウトは結構たいへんだ。レイアウトマネージャもどきを作る。

コントロールのレイアウト


戻る


*1Character User Interface. コマンドラインからコマンドを打ち込んで、結果を文字で表示するインタフェース。